Untitled Page
Top Technology method order
製品一覧とその特徴
サウンドステージ・アクティベーター(音場活性装置
TakeT-SA(b) ; バランス接続対応機
拡大写真
■ 高音はここち良い鋭さ、低音はしまりのある重厚感、中音は
   立体感と現実味のあるサイズになります。
■ ステレオオーディオ空間のザラツキや不透明さがなくなり、リアリティのある
   空間が広がります。

■ 音場が狭くなるのではなく、逆にステレオ感が鮮明になります。
■ テイクティのスーパーツィーターやウーハー・ハイディフィニッショナーを
   組み合わせると、その効果がさらに際立ちます。
消費税込み 24,800円
ニュージーランドのエンタテイメントサイト"witch doctor"に素晴らしい評論があります。
その日本語訳はこちらです。
機能
1. 本機はスピーカー用アンプのアンバランス接続およびバランス接続のどちらにも対応しています。
2. アンプから出力するL, R のステレオ信号を、出力時に微量の割合でミックスします。
3. ツマミを回して、OFF(本機を接続しない状態)→STEREO音場→MONO(センターが広めのステレオ音場)
  SAは、OFF以外のすべてのポジションにおいて、モノラルの透明性を有するステレオ音場と考えてください。
注; MONOのポジションでも完全なモノラルではなく、各音楽パーツはステレオの位置にあります。
フロントパネル
構造;
1. 周囲外装はアルミ黒色
2. 底面に4個のゴム足を装着
3. フロントパネルとバックパネルはABS樹脂黒色
4. フロントパネルにアルミ製ツマミを取り付けました。
5. バックパネルに金メッキ端子4個を固定しました。
6. サイズ; 巾69mm×奥行60mm(端子・ツマミ込87mm)×高さ35mm(ゴム足込38mm)
7. 質量; 115グラム
バックパネル
仕様;
1. スイッチ付きツマミの位置による2個の+端子間インピーダンス; 
     OFF; 無限大(接続していない状態と同じ、いつものステレオ再生です)
       1; 1.2MΩ ( 本機の得性が存分に発揮される位置です)
    1〜12; この間は無段階にコントロールできます。
12(MONO); 200kΩ (MONOの位置でも完全な
モノラル再生ではありません)
接続方法
1. 本機の赤ライン端子をアンプのプラス出力端子L,Rに接続します。
* アンプがアンバランスタイプ(通常のアンプ)であれば、これだけです。
* アンプがバランスタイプの場合は、さらに本機の黒ライン端子をアンプ
マイナス出力端子L,Rに接続します。
2. 本機の端子にはL,Rの区別はありません。どちらに接続しても同じです。
3. 一般の音楽鑑賞では、ツマミの黒丸が1〜3の間の位置になる事を
  推奨しますが、視聴するソースや視聴環境などでも異なりますので、
  お好みの位置に合わせて下さい。
アンプが2台以上等の場合の接続方法;
1. L,Rに独立したアンプを使用する場合; 本機(バランス接続対応機)1台で大丈夫です。
2. 帯域を複数に分割し、独立したアンプ(アンバランス)で動作させている場合;
  それぞれのアンプに本機あるいはアンバランス専用機が必要です。
3. 帯域を複数に分割し、独立したアンプ(バランス)で動作させている場合;
  それぞれのアンプに本機(バランス接続対応機)が必要です。
4. バイワイヤリング接続; 本機あるいはアンバランス専用機1台で大丈夫です。
その他、特殊な接続方法は弊社までお問い合わせ下さい。
 
本製品を発売に至った背景
本機は、恐らく世界でも初めての発想に基づいたオーディオ機器です。(特許出願中)
そのため、使用する意味が良く分からないかと思いますので、発想から発売に至った
経緯を解説致しました。 こちらを参照してください。