Untitled Page
Top Technology method order
製品一覧とその特徴 ピュアシリーズについて
定価(ペア) 98,000円(消費税込み)
ピュアはトランスを使用しなくとも、十分な音質改善効果を発揮する製品につけた名称です。
WHDPUREはトランスレスなので音楽信号にダイレクトに反応します。従って能率は低いのですが、 各音楽パートの位置や各音の発生時点が明確になり、人間の耳には聞えなくとも、特に高域に効果を発生するスーパーツィーターと同様に、特に中低域にすばらしい効果を発揮します。
 主な構造 

1. キャビネット
2.前面 スピーカーネット
3.後面 スピーカーネット
4.格子
5. ロゴマーク
6.TATドライバーが キャビネット
  内部に収納されています。
  (高分子 バイモルフ
   圧電波状振動フィルム
   によって ハイルドライバー
   タイプの動作をします)
7.+スピーカー端子
8.− スピーカー端子

ご注意; WHDPUREは
ヘッドフォンにはなりません。
主な仕様
1. 再生周波数; 20Hz〜15kHz、 2. 能率; 50dB/1m*2.83V、 3. 静電容量; 55nF
4. インピーダンス;∞(直流)〜150Ω(20kHz)、 5. 内部直列接続抵抗; 2kΩ(2W)、 
6. 耐電圧・耐電流; 音楽以外の周波数の高い大きなテスト信号などを入力すると、
  2kΩ直流抵抗が加熱して、保護回路が働きます。 電源を オ フして温度が下がると、元に復帰します。
  通常の音楽では、まず保護回路が作動する事はありません。
7. サイズ; 高さ130mm(スピーカー端子含む)×巾90mm×奥行き40mm 8; 質量; 約100グラム(1台)
使用方法
専用スタンド(別売)
を利用する方法
1. スタンド両サイドに
 WHDPUREの溝を合わせ、
 スライドさせてはめ込みます。
スタンドの構造と
設置方法の詳細は
WHDピュアスタン
を御覧ください。
さらに、WHDPUREを追加した場合の音場の変化を
図解してます。音質と音場の変化を図解
を参照してください。
WHDスタンドを利用しない方法
1. メインスピーカーの キャビネット(9)のサイドに、WHDPUREの
  サイド(16)を両面テープで貼り付けます。
2. あるいは、手製の台(15)にWHDPUREの サイド(17)を
 両面 テープなどで貼り付けます。もちろん、後で取り外す事
 を考えなければ、接着剤を使ってしっかり固定しても結構です。
メインスピーカーとの接続について
 
メインスピーカーの+端子とWHDPUREの+端子を接続し、メインスピーカーの-端子とWHDPUREの-端子を
 接続するだけです。流れる電流は小さいので、細い ケーブルでも十分良い結果が得られます。
注; バイワイアリング接続の場合は、ウーハーとパラレルになるように、ウーハーのスピーカー端子の方に接続します