Untitled Page
Top Technology method order
製品一覧とその特徴 ピュアシリーズについて
top
技術
ご注文方法
能率100dB/1mのスピーカー
にも効果を発揮します。
インピーダンスは∞〜4KΩ(直流〜100kH)以上あり、何も接続していないのとほとんど変わらないので、アンプなど他の機器に負担がかかりません。
使用方法
その1; オーディオスピーカーへの適用 その2; テレビへの適用
左の写真は、プラズマテレビの
内蔵スピーカーにパラレルに
接続した様子を示していま。
BATPUREの両端子への接続
は、はんだ付けがお勧めです。
(振動フィルムが熱で変形しな
いように、細いケーブルを素早
くはんだ付けしてください)

写真では実験のために、
わにぐちクリップではさんで、
スイッチの代わりにしています。
左の写真は、リボン型のスーパーツィーターを
搭載して良い音に仕上がっています。そこに
BATPUREを追加すると、さらに音の立ち
上がりにあいまいさがなくなり、音の輪郭が
明瞭になり、響きも良くなります。
写真では、見やすくするために、白い紙を
貼って、その上にBATPUREを貼っていますが、
実際には白い紙は不要です。
また、配線が気になる方は、簡単な台に
BATPUREを貼り付けて、スピーカーキャビネット
の上に置くなど、オリジナルのスーパー
ツィーターを作成できます。
BATPUREをテレビ内部にセットしても効果は変わりなく発揮
します。テレビの内蔵スピーカーであっても、十分にクラッシック
の視聴に耐える事ができます。
注; テレビでは後ろのパネルを外して接続する必要があるので、
    電気技術のある方だけ行ってください。
またテレビメーカー
の保証を受けられなく可能性もあります。
新提案; テレビを改造しないで、BATPUREを取り付ける方法はこちら
その3; ヘッドフォンへの適用
内部 外部
左の写真は、ダイナミック型のヘッドフォンを開いて、
振動板カバーの上に
BATPUREを強力な両面テープで
貼り
付けてパラレルに配線しました。
右の外観はON-OFFの視聴テストを
するために、
キャビネットの外に
スライドスイッチを付けた様子を示して
います。音の変化に敏感でない人でもBATPUREが
ONになると
音楽のジャンルにかかわらず、自然に
首を振り、身体が揺れている事に気が付くでしょう。

注1; 比較テストをやってみようと思う人以外は
    もちろんスイッチ
を付ける必要はありません。

注2; 先ずヘッドフォンを開ける必要がありますから、
    改造を失敗して壊してしまっても良い品を選ん
    でください。 処分しても良いと思っているヘッド
    フォンでも手放したくなくなる品に変わるでしょう。

注3; 写真は後面開放型のダイナミックヘッドフォン
    ですが。密閉型でも同様に良い結果が得られ
    ます。

その4; 他にも色々適用
カーオーディオに追加すると、車内が楽しくなります。  5.1CHサラウンドに追加すると、臨場感が倍増します。
アナウンス用の単品スピーカーに追加すると、音の透過性が高まります。新発見コーナーも参考にしてください。