Top Technology method order
製品の一覧表 テイクティ製品のすぐれた特徴
A.4方向から見た図面と寸法
1. 前方から見たイラス 2. 後方から見たイラスト
アルミ合金を切削して筐体を作り、アルマイト処理しています。
そこに、絶縁フィルムで覆った真鍮棒を通し、BATPUREを
固定して電気的に接続しました。
また、BATPUREの前面には、多数のピンホールの開いた
薄いステンレスカバーを被せて、音の拡散効果を上げています。
筐体の後ろ側は、真鍮棒に金メッキしたスピーカー端子を
固定しています。 スピーカー端子は、2.2φのワイヤを
通すことができます。また、バナナプラグの挿入もできます。
スピーカー端子の根本には+側は赤、−側は黒の帯が
入っています。
3, 上方から見たイラスト 4. 横方向から見た断面のイラスト
5. 質量
約140グラム / 1個
B.電気的仕様 ( BATPUREと同じです。)
BATPUREの詳細は
こちらを参照してください。
C. 使用方法
1. オーディオの視聴
BEE-PUREをメインのスピーカーの天板に置いて、
ツィーターと面一に配置するのが一般的です。
しかし、部屋の形など周囲条件などでも変わります。
また、例えばウーハーの近くに置くと、音の重心が下がり、
低音が好きな方には向いているかも知れません。
好みの位置を探してください。
BEE-PUREの接続; メインスピーカーのスピーカー端子にパラレルに接続します。 スピーカー端子がバイワイヤリング接続
になっていて、高音用と低音用に分かれている場合は、
高音用のスピーカー端子に接続してください。 
アンプのスピーカー用端子に直接接続しても
問題ありません。間にフィルターなどを接続する必要はありません。
2. テレビの視聴
テレビの内蔵スピーカーは一般的に
貧弱です。そこで、最近は内蔵スピーカー
を充実させて音質を良くしたテレビも販売
されるようになりました。しかし、その高音質
テレビでさえ、人の声もバックの音も音楽も
画面全体から団子状態で聞こえ平面的です。
そこにBEE_PUREをパラレルに接続すると、
音の立ち上がりを早いリスポンスで補完して、
音声や楽器の音の区別が明確になり、
人の声が映像の口元から発するように
聞こえます。すると映像も立体的になり、
臨場感がぐっとアップします。
従来の貧弱な内蔵スピーカーでさえ、
クラッシック音楽が鑑賞できる程です。
テレビへの接続方法;

テレビ裏のパネルを外して内蔵スピーカーにパラレルに接続すると良いのですが、そのためには専門的な技術が必要で、
残念ながら、テレビメーカーも改造を認めていません。代わりに、テレビのモニター端子に接続する方法をお薦めします。
しかし、全てのテレビにモニター端子が付いている訳ではないので、お手持ちのテレビにモニター端子があるかどうかを確認する
ところから始めてください。
(モニター端子;内部スピーカーを鳴らしながら、同時にイヤホン・ヘッドホンで聞くことができる端子。サブウーハーを接続する
端子が兼用になっているテレビもあります。)

参考までに、モニター端子の有無を調べました。

ソニー; ハイスペックモデルのみに付いています。イヤホン端子がサブウーハー接続端子と兼用です。
パナソニック; 大部分のモデルにおいて、リモンコンの設定で、イヤホン端子が、内部スピーカーと同時に
          出力できる仕様になっています。
シャープ・サムソン・LG; モニター端子が付いていません。
(日本で販売しているモデルをウェブサイトから調べた結果です。正確にはテレビの取説、あるいは販売店などでご確認ください)

3. その他の視聴

その他ヘッドホンやイヤホンの音質改善にも使用できますすでに販売終了したBATPURE-Cの説明を参考にしてください。